現在、航空業界は飛行機・ヘリコプターを問わず、大変な
人材不足に陥っていることをご存知でしょうか?

ここに至るまでには、様々な原因はあるのですが、そこを今更とやかく
言っても始まりません。
現実、航空業界で活躍するパイロットが激減しているのです。


■エアラインは定年制をどんどん延長しています。
→人材がいないからです。

■小型機運航の現場でも、若いパイロットがいません。
→人材がいないからです。

■フライトの現場には外国人が多く入っています。
→人材がいないからです。


これを見てどう思われましたか?

・ふーん、そうなんだ…
・ま、自分には関係ないかな…
・何がいけないの…?
・パイロットって、特別だからでしょう?

  …まあ、そう感じても不思議はありません。なんだかんだ言っても、
今日も飛行機やヘリコプターはフツーに飛んでいますし、
「正直今のフツーな自分には関係のないこと」と思うのがやっぱり
フツーですから。



「このままいけば、将来の航空業界は危うくなる」
だとか、「有能な人材が空を飛ばなくなる」だとか、
そんなタテマエ的な大義名分は後回しです。

 その前に、こう考えられませんか?

「まあ例えば、だけど…自分はパイロットに成れるのか?」
だとしたら、そんな自分にはチャンスがあったりするのか?」
…そう考えた人は、もうパイロットの資質を兼ね備えています。

これ、お世辞でもなんでもありません。事実、パイロットになる上で
最も大切な資質は、


一般常識を知っている(ごくフツーの一般常識のこと)


②わりと悲観的だったりする

③高いところが苦手

なのです。
きっと驚かれたかもしれません。「冗談でしょう?」
とも思われたことでしょう。
しかしこれは真面目な話なのです。

今からこの理由を述べます。最後まで読まれたら必ず「なるほど!」
と納得して頂けます。これは保証します。
ですから、どうか最後までお読みになって下さい。

j次頁へ続きます
 


国内運航/株式会社セコ・インターナショナル

プライバシーポリシー販売約款(キャンセルポリシー)運送約款危険物等の持ち込み禁止について採用情報


Copyright(C) 2016 Heartland Information.,Inc. All Rights Reserved.