■年 齢  17歳以上(飛行訓練は16歳から可能です)
 
■健康状態   航空身体検査基準を満たしていること(健康状態に不安のある方はお気軽にお問合せ下さい) 
■募集人員  2016年度課程/ 限定5名
 
初期訓練課程をアメリカで行い、その後日本で実地試験課目訓練を行い、ライセンスを取得します。
初期訓練課程をアメリカで行うことにより、大幅なコストダウンを実現しました。
また初期訓練課程においても、以後日本でフライトすることを想定した特別なプログラムを実施し、無駄なく確実に
トレーニングを行うことが出来ます。
アメリカでの初期訓練は日本人インストラクターが行いますので、英語の不安も心配も要りません。
さらに航空の本場、アメリカでのフライト経験は一生の思い出にも残ります。

そして帰国後は、より精度を高めた濃い内容のトレーニングに入ります。
一人で安全確実に、そして楽しんでフライトが出来るパイロットを育てます。
どこも実現できなかった、そしてどこにも無いこのプログラム。ぜひチャレンジして下さい。

■アメリカでの飛行訓練時間/20時間
■アメリカでの滞在日数/約2週間前後(分割でも可)
■日本国内での飛行訓練時間/40時間(標準)
■訓練費用(日米合計) 3,890,000円 (税込 4,201,200円)
…詳細を見る(pdf)



※2016年度課程の日本国内飛行訓練開始時期は航空法諸手続きにより準備中で、秋以降を予定しております。海外飛行訓練はいつでも可能です。
 
 
  航空の本場、アメリカ・ロサンゼルスにて訓練を行い、ライセンスを取得。
その後、アメリカのライセンスを日本国内のライセンスに書換えする方法です。
最も安価で取得できますが、多少の英語力が必要で且つ、VISAを取得する必要があります。
【訓練空港/ロングビーチ空港他】
…詳細はこちら
   
  最初から最後まで日本国内にて訓練を行う方法。
渡米する時間の無い方や、楽しみながらじっくりと訓練をしたい方に最適なコース。
また3つの自家用資格コースの中で最も高い技術を得られるのもこのコースの特徴です。
【訓練空港/名古屋空港】
…詳細はこちら
   
  プロパイロットして活躍したい方向けの本格的コース。最高峰のトレーニングでプロに成りませんか?
現在航空業界は人材不足が大変深刻な問題となっており、ドクター・ヘリのパイロットすらも
将来的にいなくなる大きな懸念があります。これからの航空業界を背負って立ち、活躍するのは
皆さんなのです。 【訓練空港/名古屋空港】
…詳細はこちら 
   
  日本では、あまりにも飛行教官(フライトインストラクター)が少なすぎます!
その殆どが防衛省を定年された方達ばかりで、若くこれからの航空業界を背負って立つ
教官が居ないのです。そして、そんな人たちをアシストする教材もありません。
全て独学で資格を取得した西守 騎世将が、最新の情報とそのノウハウを教えます。
【訓練空港/名古屋空港】
…詳細はこちら  
   
   

国内運航/株式会社セコ・インターナショナル

プライバシーポリシー販売約款(キャンセルポリシー)運送約款危険物等の持ち込み禁止について採用情報

Copyright(C) 2016 Heartland Information.,Inc. All Rights Reserved.